みそのばし整骨院スタッフブログ

膝が痛む3つの理由と対処方法 | 2020/08/17

こんにちは!
 
季節もすっかり夏に変わり暑くなってきましたね!
 
これからは気温の変化や台風などの悪天候での気圧の変化により
身体の痛みやダルさ倦怠感などが出やすくなります。
 
当院でも、この時期に身体の節々に痛みが出ると言う声もよくお伺いします。
 
他にもこのコロナウイルスでのご時世なので運動不足に陥り、
運動を始めてみたのはいいが急に身体を動かしたせいで痛みが出てきてしまったなど、
不調になるケースはたくさんあります。
 
特に当院でよく耳にするのが「膝の痛み」です!
 
今日は「膝の痛み」についてお話していきますね!
 
「膝の痛み」に関してみそのばし整骨院で多いのが
 
・運動による痛み
 
・気温、湿度、気圧の変化による痛み
 
・加齢による痛み
 
などがあげられます。
 
 
 
まず『運動による痛み』についてお話します。
 
よくあるのが、急に身体を動かしたせいで痛みがでる、
その反対で動かしすぎたせいで痛みがでる。
 
これらの痛みに共通するのが筋肉、腱、靱帯に問題がある事があげられます。
 
膝関節と言うのは複雑な構造になっており筋肉、腱、靱帯が入り組んでおり、
負担がかかりやすい場所になります。
 
今まで運動をしていないのであれば筋肉が使われていなく柔軟性がない状態です。
 
その時に急にジョギングなど身体を動かせば痛みになります。
 
そして逆に運動のしすぎ(オーバートレーニング)
使い過ぎによる筋肉、腱、靱帯の炎症による痛みです。
 
この両者ともに言えるのが筋力不足、左右の筋肉のアンバランスや柔軟性不足により
「膝の痛み」になり怪我に繋がってしまう事です!
 
なので、しっかり運動前後のストレッチをすることは絶対に必要になります。
 
 
 
次に『気温、湿度、気圧の変化による痛み』についてお話します。
 
これからの時期、急に夕立がきたり台風がきたりと気候が変わることが多くなってきますね!
 
当院でも低気圧が近づいてきた時や雨の日に膝が痛いと言う声はたくさんお伺いします。
 
人によっては膝が痛くなる時は決まって雨が降るなどの声も聞きます!
 
皆様は、こんな経験はありますか?
 
 
では、なぜ気候が変わると「膝の痛み」が出てしまうのか?
 
気温が下がれば関節、筋肉、腱、靱帯は冷えにより固くなってしまいます。
身体を動かそうとしたときに、この固まった部分を無理に動かして傷つけてしまい、
痛みが出てしまいます。
 
そして低気圧になれば、身体がその状況に順応しようとします。
 
その結果自律神経を乱してしまい、痛みを感じやすくなったり、冷えを感じやすくなったりします。
さらに身体全体が膨張して足が浮腫んだりして身体が重たく感じ、倦怠感なども出たりします。
 
身体全体が膨張する事によって血管や膝の関節包までも膨張してしまい、
膝周りの神経を圧迫してしまい痛みが出てしまうことがあります。
 
 
では、この気温、湿度、気圧の変化による「膝の痛み」をどうすればいいのか気になりますよね?
 
それは気候の変化に素早く順応、適応させる事です。
 
まず先程伝えた自律神経の乱れを正しく機能させる事です。
 
そのためには、普段から夜更しなどせず規則正しい生活を送る、入浴などでしっかり身体を温める、
適度な運動やストレッチをするなどがあげられます!
 
さらに、みそのばし整骨院ではその自律神経を整えるために、
身体のバランスを整えるバランス調整法という施術をしています!
 
身体に歪みが出ていると骨や筋肉が正常な働きをしてくれなくなったり、
自律神経を圧迫する事で乱れてしまいます。
 
ですが、さきほどのバランス調整法で身体の歪みを整えることで、
乱れてしまった自律神経を整えます。
 
 
 
次に「加齢による痛み」についてお話します。
 
加齢、老化により、膝の痛みが出る。これが一番多いのではないかと思います。
 
代表的なところで言えば、膝関節の変形があります!
 
皆さんも一度はTVなどで、膝の軟骨がすり減る・・など耳にした事があると思います!
 
これは、膝関節の形状が変形してしまい正しく機能してくれない事による痛みです。
 
どう変形するのかと言うと、関節には軟骨があります。
 
それは骨と骨がぶつかっても大丈夫なようにクッションの役割を担っています。
そこが加齢、老化によって擦り減ってしまいダイレクトに骨同士が擦れ合ったり、
軟骨面がガタガタになりトゲができてしまったりなどで痛みが出てしまいます!
 
そして軟骨が再生することはほとんどないです。
 
怖いですよね?
 
でも安心してください!この痛みの対策、予防はあります!
 
それは関節にかかっている負担、摩擦を減らしてあげることです!
 
では、どうすればそれができるのか?
 
膝周りの筋力向上です!
 
筋肉をつける事により、筋肉のサポーターを作ってあげるイメージです!
 
ただそれだけでは歩いたり筋トレを頑張れば痛みはなくなると言う発想になってしまいます。
 
すごく大事な事ですがそう簡単ではないです。
負担をかければ痛みは出ます。
 
先程の項目にもあった『運動による痛み』に関わってきます。
 
ですので、運動をやりっぱなしで放置せず、運動後のケアが大事になってきますよ!
 
 
 
みそのばし整骨院では、
このような3つの「膝の痛み」のケースで悩まれている患者様も来院されています!
 
まず骨格の歪みを正してあげて筋肉を緩めてあげることで、身体のバランスを整えていきます!
 
そして今の状態についての説明や、今後の生活についてアドバイスをさせて頂いております!
 
ぜひ皆様もお悩みになられていましたら、お身体の状態を整えられるよう、
全力で対応させて頂きますのでご連絡お待ちしております!

しつこい腰の痛みについて | 2020/08/06

突然ですが日々の仕事、子育て、勉強、はたまた休めているはずの就寝時など、
どんなシチュエーションでもつきまとってくる痛みといえば?
 
 
答えは腰の痛みです。
 
 
本日は、そんな『腰痛』についてのお話をしたいと思います。
 
 
腰が痛い方が全国にどのくらいおられるかご存知ですか?
 
実は約3000万人はいるだろうと言われています。
 
 
日本の人口は約1億2000万人なので、なんと『4人に1人』は腰痛に悩まされています!
 
 
4人家族なら誰か1人は腰が痛いという事なので、ひとごとではありませんよね。
 
 
腰が痛い方はもちろん、腰痛でお困りの方の家族や友人の方にも、
腰痛とはどういったものなのかを知って頂き、対処方法などを伝えていければと思います!
 
 
腰の痛みとはどういったものか?
その原因は様々です。
 
 
腰の筋肉を傷つけてしまった!
 
痛みを感じる神経を圧迫している!
 
実は腰の骨を骨折していた!
 
なんて事も‥
 
腰の痛みで有名なのは『ギックリ腰』ではないでしょうか?
 
重たい物を持ったりした時に急に腰を痛めた!
 
まずは腰の痛みの症状があれば、すぐに当院にご相談下さい!
お話しをお伺いさせて頂いた上で、痛みに対する施術をさせて頂きます!
 
 
原因は重たい荷物を持った事で間違いないでしょう!
 
 
ですが痛みが出たのはそれだけが原因では無いんです。
 
 
ブログの最初に日々の仕事、子育て、勉強、はたまた休めているはずの就寝時など‥
と言っていたのを思い出して頂けたでしょうか?
 
そうです。
実は日常生活にこそ原因があるんです!!
 
 
日々の仕事、子育て、勉強などの日常生活で腰に負担がかかり、筋肉が硬くなってきます。
 
その状態で重たい荷物を持ち上げると、急激な負荷が腰にかかり、
日常生活で硬くなった筋肉の繊維に傷がついてしまいます。
 
これが『ギックリ腰』になるまでの過程です。
 
筋肉が硬くなると、神経を圧迫して痛みを感じたり、
シビレ・ダルさ、などの症状が出てしまう場合もあります。
 
当院では何が原因で腰の痛みが出ているのかを知るために、
日常生活や仕事の負担などもお聞きし、
神経症状の有無や痛めている場所を把握する為にしっかり検査をさせて頂きます。
 
その後、患者様に合わせた施術をどれくらいの期間行えば良くなるのか説明させて頂きます。
 
まずは硬くなっていたり痛みが出ている筋肉をしっかりと緩める施術と、
日常生活での姿勢や繰り返しの動作によって歪んでしまった体のバランスを整える施術で、
体の調子を良くしていきます。
 
1番良いのは痛みが出ずに、元気に日常生活を送る事です。
 
私達もそのような患者様を1人でも増やしたい!
という気持ちで日々施術させて頂いております!
 
 
では痛みが出た際の対処方法ですが‥
 
残念ながら全ての腰の痛みに効くストレッチや筋力トレーニングは存在しません。
 
テレビやメディアで、
 
『腰の痛みにはこのストレッチ!』
 
『このような運動をしましょう!』
 
などよく見聞きします。
 
そのストレッチや運動が効果的な方は実際におられます。
 
ですがそのストレッチや運動で痛みがマシにならない方や、痛みが酷くなる方もおられます!
 
まずは原因と痛めている場所をしっかりと検査をして把握しなければ、
どういったストレッチが自分に必要なのか分からないのです。
 
当院では患者様の状態を把握した上で、
患者様に合った本当に必要なトレーニング方法やストレッチをお教えしていきます。
 
 
腰の痛みでお困りの方や、周りでお困りの方がおられましたら、
一度『京都市北区 みそのばし整骨院』へご相談ください!

筋肉の痛み「肉離れ」とは・・・ | 2020/07/20

こんにちは!
 
コロナウイルスの影響で長い自粛生活が続いていますが、どうお過ごしですか?
 
緊急事態宣言が解除されたことで、いろんなお店や施設も営業を再開しています。
 
これまでの自粛生活で運動不足を感じている方の中には、
宣言解除をきっかけに運動を始めてみようと考えている方もいるのではないでしょうか?
 
大賛成です!!
 
カラダを動かして健康なカラダをつくっていくことはとてもいいことですね!
 
ただ、いきなり激しい運動から始めてしまうと、
肉離れ(にくばなれ)を起こしてしまう可能性があるのでキケンです!
 
 
今回のブログでは、そんな筋肉を傷めてしまうリスクやその予防法などについてお話していきます♪
 
 
☆目次☆
1.どうして急に運動をするとキケンなの?
2.筋肉を傷めないように運動をするには?
3.もしも筋肉を傷めてしまったら?
 
 

1.どうして急に運動をするとキケンなの?

 
冒頭でもお話ししましたが、いきなり激しい運動から始めると筋肉を傷めてしまう可能性があります。
 
ではどうしてそうなってしまうのか?
 
まずはそのメカニズムについてお話していきます。
 
 
そもそも正常な筋肉というのは、柔らかくて伸びたり縮んだりします。
 
筋肉が伸びたり縮んだりすることで、関節が動きスムーズにカラダを動かすことができます。
 
しかしその筋肉も使いすぎたり、日々のケアが不十分だったりするとすぐに硬くなってしまうんです。
逆に運動不足でカラダを動かさなくなってしまっても、筋肉は硬くなってしまいます。
 
筋肉が硬くなってしまうと正常に伸び縮みできなくなってしまうので、
カラダを動かそうとしたときに筋肉が引き伸ばされてしまいます。
 
その引き伸ばされる力に耐えられなくなったときに、筋肉の線維がプチっと切れてしまうんです。
 
これがいわゆる肉離れの状態です。
 
 
このように筋肉が硬い状態でいきなり運動をしてしまうと、
カラダに大きな負担がかかってしまいます。
 
 

2.筋肉を傷めないように運動をするには?

 
一度筋肉を傷めてしまうと、しばらく運動ができなくなってしまったり、
再開できても前と同じように動かすことができなくなってしまいます。
 
運動がしたいのにカラダが痛くてできない。
カラダが思うように動かせない。
それってとても辛いですよね。
 
では、筋肉を傷めないようにするためには何をすればいいのか?
 
 
まずは運動前のウォーミングアップです!
 
 
ウォーミングアップとはカラダを動かす前の準備運動のことで、
運動をするうえでとても重要なものです。
 
あらかじめ軽めの運動でカラダを動かしておくことで、
筋肉の温度が上がりケガをしにくい状態をつくることができます。
 
 
そしてもう一つ重要なものが、運動後のクールダウンです!
 
 
クールダウンは整理運動とも言いますが、
激しい運動で温度が上がったカラダを急激に冷やさないためにもとても重要なものです。
 
運動後にマッサージやストレッチをすることもクールダウンの一つで、
疲労したカラダの回復やケガを予防することができます。
 
 
長く楽しく運動を続けるためにも、正しいケアをして筋肉を傷めないようにしていきましょう!
 
 

3.もしも筋肉を傷めてしまったら?

 
正しくケアをしていても、運動の強度やその日のコンディションで筋肉を傷めることがあります。
 
そんな時はすぐにみそのばし整骨院に連絡してください!
当院は運動中のケガに力を入れております。
現在の状態を正確に判断し、最適な施術をさせていただきます。
 
 
肉離れの状態は、軽度・中度・重度と大きく3つに分かれます。
 
軽度では、筋肉が引き伸ばされて、カラダを動かすときに痛みや違和感がでる状態。
 
中度では、筋肉の線維が部分的に切れてしまい、強い痛みや腫れがある状態。
 
重度では、筋肉の線維が完全に切れてしまい、かなり強い痛みや内出血がある状態。
 
 
実際にケガをしたときにどの程度かの判断をするのは難しいと思いますが、
いずれの状態もそのまま運動を続けるのは危険な状態です。
 
なので、すぐに連絡してください!
 
 
軽度の状態でもそのまま放っておくと、どんどん筋肉が硬くなってしまいます。
そんな状態で運動を続けてしまうと、今度は中度や重度の状態になってしまう可能性があります。
 
 
また、一度筋肉を傷めてしまうとその痛みをかばってしまうため、
カラダの左右のバランスも崩れていきます。
 
その結果、別の筋肉にも負担がかかり、別の場所を傷めてしまう可能性があります。
 
 
当院では、そうならないために傷めた筋肉に対する施術と同時に、
カラダのバランスを整える施術も受けられます!
この施術を受けることで、運動時のパフォーマンスが上がったという声もたくさん頂いております。
 
さらに、希望に応じて運動の再開に向けて必要な筋力トレーニングなどの指導もさせていただきます。
 
 
 
これから運動を始めようと思っている方も、この先もずっと運動を続けていきたいと思っている方も、
ケガのないように最大限のケアをしていきましょう!
 
何か不安や悩みがあれば、いつでもご連絡ください♪

頭痛でお悩みの方へ | 2020/07/06

こんにちは。施術師の松本です。
 
最近は季節の変わり目で暑くなったり、寒くなったりを繰り返して
気温の変動が大きくて体調管理が難しいですよね!
 
更に梅雨の時期は気圧の変化も大きくなるので頭が痛くなったり
気分が悪くなってしまう方も多い季節になってきます。
 
そこで今回は頭の痛みについて少しお話しをさせていただきたいと思います。
 
現在、日本人の3人に1人の割合で頭痛持ちというデータがあり、
みそのばし整骨院にも頭の痛みでお悩みの患者様はたくさん来院されています。
 
痛みの種類も色々あって、ズキンズキン脈を打つような感じや、
頭を全体で締め付けられたような感じや、目を焼かれたような感じ等色々ありますが、
あなたはどれに当てはまりますか?
 
頭の痛み以外の症状で、ちょっとした匂いにも敏感になったり、
ひどい場合は吐き気を催すこともあります。
原因はお酒の飲み過ぎや、デスクワークが続くことによっての眼精疲労やストレス等があります。
 
対策としては、お酒も全く飲まないとストレスになりますし、どこかで飲まない日を作ったり、
量をいつもより減らしたりすることも必要になってきます。
 
また、ずっと何時間もパソコンの画面を見続けるのはよくないので、
できたら30分に1回ぐらいのペースで10秒間目を閉じてみて下さい。
人は物を見るだけでかなり疲れるので、
10秒間だけでも何も見ない時間を作るだけで疲れは軽減されますので、一度試してみて下さい。
 
後は、最大の原因として猫背の姿勢が強いことにより
首や肩周りの筋肉の緊張が強くなってることも挙げられています。
 
首や肩に付いてる筋肉が猫背の姿勢が強いことにより、常に筋肉が緊張状態になり、
血管の拡張が起こって頭痛に繋がってしまいます。
 
普段の生活での注意点としては、座っている時にどうしても体が前屈みになりやすいので、
気付いた時にすぐに姿勢を戻してもらったり、お風呂にしっかり浸かることで筋肉が緩みやすいです。
 
ただし、自宅で行えることも限界があります。
 
そこで当院に来て頂くことで、体のバランスを整えたり、筋肉の芯の部分を緩めることができます。
当院での施術は、緊張を起こしている筋肉を緩めて、
バランス調整というみそのばし整骨院が独自に行っている施術方法で体のバランスを整えていき、
日常生活で筋肉の緊張を起こしにくくしていきます。
 
バランス調整を行うことで、血行が良くなって体の調子が良くなるので、
頭の痛みが起きにくい状態を作ることが出来ます。
 
頭が痛くない生活を送ることが出来れば、全然気分的に違うと思います。
 
また、一般的に1ヶ月で15日以上頭の痛みを感じる人のことを慢性型頭痛と言いますが、
その一つの原因として鎮痛薬を飲みすぎることで頭の痛みが起きるものもあります。
 
我慢できないぐらいの痛みであれば、飲むのも仕方がないと思いますが、
薬を飲みすぎることで逆に頭痛を誘発してしまうことにもなるので、注意が必要です。
 
頭が痛くなる前にできる予防策として、食生活でも予防することができます。
 
バランスの良い食事は勿論ですが、特にビタミンB2が多く含まれる納豆等の大豆系は
頭が痛くなるのを抑えてくれる効果があります。
 
良くないのはアルコールの飲みすぎです。
 
アルコールを飲みすぎると脳の血管が拡張してしまう為、頭が痛くなりやすいので注意が必要です。
 
そして、自律神経の乱れも頭の痛みを引き起こしてしまう一つの原因になります。
 
毎日の疲労の蓄積やストレスが溜まることによって、自律神経が乱れやすくなってしまいます。
身体を安定させる機能を持つ自律神経が乱れてしまうと、
頭痛、めまい、ふらつき、吐き気といった症状が起こります。
 
疲労を溜めなくするにはしっかりとした睡眠が重要になってきます。
 
当院のバランス調整の効果として、自律神経の乱れを改善したり、
睡眠の質を向上させ、疲れを取りやすくする効果があります。
 
当院に施術患者様で、凄く良く寝られて疲れが取れやすくなりましたという声を頂いています。
 
疲れが取れると自律神経も安定しやすくなり、頭も痛くなりにくくなります。
 
当院での施術としては頭の痛みを引き起こしてしまう原因となっている固くなっている筋肉をしっかり緩めていき、
バランス調整で体のバランスを整えて、日常生活で頭が痛くなりにくい体作りを目指して施術に取り組んでいます。
 
頭の痛みでお悩みの方は一度「京都市北区 みそのばし整骨院」にご相談下さい。

なぜ『肩のコリ』から痛みに変わるのか? | 2020/06/26

暑い季節になってきましたね!
 
季節の変わり目は気温や気圧の変化によって
血流が悪くなり身体の回復が出来なくなり体調不良をおこしたりします。
 
さらに血流が悪くなる事によって筋肉が硬くなり、
肩がしんどく重たく感じたり、鈍い痛みを感じたりします。
 
皆さんはどうですか?心当たりはありますか?
 
肩こりは年齢性別関係なく誰でもなります。
 
 
そんな皆さんに今日は”肩のこり”についてお話していきます!
 
まず肩の構造について説明していきます。
 
肩は肩甲骨と上腕骨とで関節を作り肩関節になります。
 
肩関節は腕を上げ下げしたり、後ろに引いたり、回したりと
人体の中で最も複雑な動きができます。
 
日常生活でもこのような動きはたくさんあり、肩にはその動きをするための筋肉が付着しています。
これらの筋肉が伸縮することによりたくさんの動きができます。
 
イメージ出来ましたか?
 
ここからなぜ肩がこってきたら、しんどさや鈍い痛みが出てくるのかを伝えていきます!
 
まず原因として
 
・動かしすぎ
 
・動かなさすぎ
 
・姿勢
 
などがあげられます。
 
 
まず”動かしすぎ”です!
 
先程も出てきたように筋肉にはゴムのような伸縮性があります。
 
日常生活での繰り返しの動作により何度も収縮させると、
負担がかかり血管を圧迫し血流が悪くなり硬くなってしまいます。
 
例えば荷物を持ったり、子供の抱っこ、腕の上げ下げなどの繰り返しの動作がこれにあたります。
 
それはそうですよね?
 
両腕を肩関節の筋肉で支えていて、さらに動かすことで負担がかかるのは当たり前です。
他愛もないことですがしっかり負担になっていますよ!
 
 
次に”動かなさすぎ”です!
 
分かりやすく伝えるとすれば運動不足の状態にあたります!
 
今、世間はコロナウイルスにより不要不急の外出は控えてくださいと言われている中、身体を動かすことができず困っている方がたくさんおられると思います。
 
なぜ運動不足がダメなのか?
 
それは筋肉というのは伸び縮みすることによって血管を刺激し血流を良くします。
 
そして血液には栄養分がたくさんあります。
 
運動不足になると筋肉に栄養分が行き渡らなくなってしまうので硬くなってしまいます。
 
 
そこでみなさん困られるのが”動かしすぎ”ても硬くなる、”動かさなすぎ”ても硬くなる。
 
どうしたらいいんだ?と思われると思います。
 
筋肉を硬くしないためには、適度に身体を動かす事が重要です。
 
筋肉は伸縮させないと、どんどん硬さが増していきます。
さらに筋力も低下してしまい悪循環です!
 
そして”動かしすぎ”た時にはケアが必要になります。
 
これをほったらかしにしておくと、どんどん負担が積み重なり硬くなるのです。
 
硬くなった筋肉で荷物を持ったり、子供を抱っこしたり、
腕の上げ下げで急に伸縮させることによって、筋肉が引き伸ばされ筋繊維がちぎれてしまい
しんどさや鈍い痛みが出てしまうのです。
 
嫌な連鎖ですよね?
 
これを良くしていくのに、みそのばし整骨院では硬くなった筋肉を芯から捉えて
緩め、柔軟性を取り戻してあげることで筋肉の状態を正常にする施術をしています!
 
さらにケアの仕方などのアドバイスもさせて頂いています。
 
 
そして最後に”姿勢”です!
この”姿勢”が実は1番肩の筋肉に負担をかけてしまうのです!
なぜなのか伝えます!
 
例えば猫背(前傾姿勢)姿勢です。
 
これはみなさん治したいといわれる項目ですね!
 
例えばPCでのデスクワークや、長時間のスマホや、料理などの手元での作業の
前傾姿勢、日常生活でも数え切れない程あります。
 
この姿勢は首や背中や肩の筋肉を常に引き伸ばして負担をかけている状態になります。
 
そして頭はボーリングの球くらいの重たさがあります。
 
手で持っても重たいものを首、背中、肩の筋肉で支えているので負担がかかるのも当然です。
 
なのでこの状態が1番しんどさや痛みを引き起こす原因なのです!
 
さらに前傾姿勢がクセづくことによって、背中にある自律神経を圧迫してしまいます。
 
すると肩のこり以外にも
 
・眠りが浅くなる
 
・身体のダルさがでてくる
 
・呼吸がみだれてしんどい
 
・精神的な不安感があり落ち着かない。
 
などの症状もでる場合もありますのですごく怖いですよね。
 
なので正しい姿勢というのはすごく重要になります。
 
 
そこで当院では先程伝えた筋肉の施術ともう1つ力を入れている施術があります!
 
それは身体の歪み、骨格を調整する施術!
 
その名も【バランス調整法】です!
 
これをすることによって正しい姿勢にクセづけをして良くしていきます!
 
これは当院独自の施術になりますので、他ではない方法で前傾姿勢、
そして、”肩のこり”を良くすることができますよ!
 
患者様も、筋肉そして身体の歪みの施術を受けられて、
喜ばれている声を聞けるので僕たちもすごく嬉しいかぎりです!
 
もしこのようなことでお悩みになっておられましたら、
一度『京都市北区 みそのばし整骨院』にご相談下さい!しっかり診させて頂きます!

お問い合わせ・ご予約

今すぐお問い合わせご相談下さい!みそのばし整骨院【TEL:075-495-9030】ご予約優先制
ページTOP